スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己紹介④

さてさて、メンバー紹介の続きです。
今日はプログラム部リーダー・藤原です。

現在、修士1回で、臨床心理学を専攻しています。今日は、朝から修士論文を書くための資料をひたすら調べる日です。院生の本分は研究ですから、こういった地味な作業も大切です。ぼくの感覚では、大学院に入ると学部のときよりもこういった地味な作業も(かなり)増えます。笑

プロジェクトチームの中では、フォーラムでどんなことをするのか、内容を作ることがプログラム部の役割で、そのリーダーをしているのが僕です。さて、せっかくですのでフォーラムのことについて少しだけ書こうと思います。

僕はまだ23歳ですが、人生って本当に「選択」や「決断」の連続ですよね。たとえば、朝目が覚めて、「起き上がるか、二度寝するか」、「ごはんを食べるか、食べないか」、「いつもの時間に家をでるか、いつもより早くも家をでるか」などなど。

こんな朝の短い時間でも選択することはたくさんあります。でも、朝の時間に僕はそんなにひとつひとつの選択で考え込むことはありません。そんなに全部きちんと考えていたら、家を出るころには日が沈んでしまうかもしれません。

さて、朝起きてからの行動に限らず、人生において「選択」や「決断」という営みはスピードが求められて、じっくり考える時間はなかなかとらないのではないでしょうか?そこで、少しだけ立ち止まって、これからの人生をどう選択していくか、ということを考えてみませんか?その機会を提供するのが「キャリア・デザイン・フォーラム」というわけです(例が些末な気もしますがf^^)。

人には未来を想像する力、というものがあります(これは、厳密にはヒトしか持っていない能力らしいです)。過去の個人や社会の経験ことを考慮して、自分にとって、社会にとって、より良い未来を作るためにはどんな選択をしたらいいのか。これを当日は、多くの人でワイワイガヤガヤ(?)しながら考えていけたらなぁ、と思いつつ毎日プログラムの試行錯誤をしています。

…メンバー紹介といいつつ、フォーラムのことを語りつつありますね。
それくらいフォーラムのことで、頭がいっぱいなのです。笑

フォーラム当日が1月8日。あと一か月少々ですが、当日はお楽しみいただけるよう、しっかり準備をしたいと思います。フォーラムの内容についてはHP上でもアップされていますが、詳しくはまた追々書いていけたら、と思います。またプログラムについて不明な点などありましたら、お気軽にコメントしていただければと思います。藤原がお答えします^^

もしよろしければ、会場でお会いしましょう!
ではでは。 

プログラム部リーダー
藤原慎太郎
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

立命館 キャリア・デザイン・フォーラム

Author:立命館 キャリア・デザイン・フォーラム

『想像力と責任』を身につけ未来を創造することを目的に、講演者を招いて参加者に自らのキャリアを深く考えてもらう機会を提供します。

ゲスト: 古賀茂明氏, 毛丹青氏

詳細はHome Pageにて!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。